前へ
次へ

アレルギーは遺伝性であるのか

アレルギーと遺伝的背景というのはどのように考えられているのかといいますとアレルギー性疾患というのは遺伝性が強い疾患として認識はされています。
多くの統計において関連性が認められているというのは間違いないわけですが確実に遺伝するものというわけでもなかったりするので、極端に心配することはないでしょう。
アレルギー疾患の発病には随分と多くの遺伝子が関連しているという可能性が高いという研究結果があるわけですが未だに決め手となる遺伝子が明確というわけではなかったりするので注意しておきましょう。
また、吸入性のものですと加齢に伴い発病するということもあったりします。
つまりは、抵抗力などが低くなっていくということによって環境アレルゲンに接触することの抵抗力が微妙に過敏になってしまうということがあるわけで、そうしたところもしっかりと避けた方がよいでしょう。
意識して行動することだけでもだいぶ変わってくることです。

Page Top