前へ
次へ

フードアレルギーの対策は大きく三つあります

日本人の二人に一人は、いずれかのアレルギーにかかっていると言われます。
特に、大人になってから現れるのがフードアレルギーです。
すぐに症状のでる即時型と後から遅れて出てくる遅延型の2種類があります。
対策は、大きく三つあります。
その一つ目としては、ストレスをためないということです。
ストレスによる免疫力の低下が起こらないようにすることが大切です。
二つ目は、好物だったり美容や健康のためと思って同じものを続けて食べ続けることが危険です。
遅延型のアレルギーになる原因を作ってしまうので、幾日かの間隔をあけて食することが大切です。
三つ目に肌や粘膜を通して体内に入り八書する場合もあるので、食べ物だけではなく皮膚につけるものにも注意が必要です。
大人のアレルゲンは、果物や小麦、甲殻類が多いと言われます。
子どものアレルギーが成長につれて解消されるのに対して、大人は、一度なってしまうと治らない場合もあるので注意が必要です。

Page Top